米寿のお祝いをしました

実家の祖父が、米寿なので家族だけでお祝いをしました。

 

 

 

先に、ちゃんちゃんこだけを用意して、父に代表して渡してもらってました。

 

が、なにやら、祖父が着ない!写真も撮らない!

 

みたいな事を言ってるらしいのです。

 

 

 

なんかおかしいぞ。。父よ!!渡すときに何か余計なことを言っただろう!!!

 

と、もやもやして実家に帰りました。

 

 

 

 

 

先に父に確認すると、「お父さん何も言わないよ」の答え。

 

じゃぁなんでだろ。。恥ずかしいなら、着なくていいから写真くらいとったっていいのになぁ。。

 

などど考えていたんです。

 

 

 

お祝いが始まって、ちゃんちゃんこの話になって。

 

祖父が、「ここまで長生きしたんだから、もう満足だろってまわりに思われるから着たくない。親戚も誰も着てないし。」

 

みたいな事を言い出しました。

 

 

 

父は、余計なこと言わなかったんじゃなくて、本当に何も言わなかったのです。

 

なさけないぞ父よ!!ちゃんちゃんこ代返してくれ!!笑

 

 

 

 

 

なので、

 

節目のお祝いはいままでしてこなかったけど、88歳まで長生きしてくれて私たちは嬉しいし、感謝してるんだよ。

 

今日、おじいちゃんの米寿を祝って、次はおばぁちゃん、その次は母方のおばぁちゃんの時もお祝いしたいから

 

 

親戚もお祝いしてないみたいだから、家族だけでやろうという考えでお祝いした。

 

 

 

みたいな事をゆーーーーーくり伝えると、「なんだ そうか」「あぁ そうか」「そういうことか」と繰り返して、そそくさとズボンを履いてました。←暑いから、祖父はパンツ一丁だった。笑

 

 

 

結局、頭巾あり・なしショット、座布団あり・なしショット、夫婦ショット、家族ショットなど、たくさんのパターンを要求され、終始ゴキゲンでした。

 

 

 

黄色いちゃんちゃんこを着た祖父は、水戸黄門みたいで、言うか言うまいかすごい迷ったぜ。

 

失礼かも?なんて迷ってたら、先に母に言われた。笑